2010年4月25日 (日)

やっと水替え終了

お久し振りです。皆さんどうされていますか?
私は今日池の水替えを全部終わらせました。例年より
約1ヶ月ほど遅い事になります。今日の水温は
14時で15度でした。まだまだ水温は低いですね。
この水温ではそんなに餌もやれないので、魚を見な
がら餌をやっています。ほんの少しですね。
今年の産卵ができるかどうかが心配です。今年の天候
は、雨が多く気温も低いのが特徴ではない
でしょうか。皆さんはどんな感じでしょうか?
こんな気候の中でももちろん例年と変わらずに
もうすでに卵を取られている方もいると思います。
本当にご苦労されていると思いますが頑張って
下さい。私は毎年、自然産卵ですが、家の環境で
池の日当たりが悪い事で水温が上がりにくいため
毎年産卵させたとしてもいつも遅いです。
それが例年に比べて1ヶ月も初めての水替えが遅いと
言う事は7月に入ってからの産卵という事になります
。今年は卵を取れるかどうか分からない、でも出来れ
ば一腹は取りたいです。今年の楽しみがないですから
ね。何とか気候がよくなって雨が少なく、気温も上が
るようになってくれればいいのですが、自然があいて
なのでどうしようもありませんね。
皆さんも今年の金魚のシーズンを楽しんで下さいね。
それではまたお会いしましょう。

| | コメント (0)

2010年2月21日 (日)

もうすぐ春ですね。

どうもお久し振りです。今日はとても暖かかった
ので久しぶりに魚のところに行って見ました。
昨年、エラのままで冬を越させることになった当歳
の池を、恐る恐る見てみました。全滅はしていません
でしたが、死んで底に沈んでいるのもかなりいました
のでどうなる事になるか分かりませんね。
いつも書くのですが、病気にさせないのが一番ですが
病気になったら早めの発見、早めの治療ですね。
元気のあるうちに強い治療を私はやります。
後は何度か水替えと塩を打ちます。様子を見ながら
良ければ塩の濃度を薄めていきます。
エラの話になりましたが、今日は池の水が減って
いる池に差し水をしてきました。青水の池もあれば
藻がたくさん生えている池もあり、初めての水替え
が大変そうです。あと1ヶ月もすると金魚のシーズン
が始まりますね。それまでに準備しなければいけない
物を準備します。皆さんも準備があると思いますので
頑張って下さい。
この時期、花粉症がある方はつらいですね。私も
花粉症なのでこれからつらい時期です。薬をのみなが
ら切り抜けます。
それではこの辺で。

| | コメント (0)

2010年1月 4日 (月)

明けましておめでとうございます。

2010年、明けましておめでとうございます。
皆様いかがお過ごしですか?私は今日
池に差し水をしてきました。その時それぞれ
の池の様子を見てきましたが、普通に冬眠
している池もあればそうではない池もあり
ました。ここでまた、種の大事さを考えて
しまいました。種がいればまた挑戦できると
言う事を、改めて考えさせられました。
昨年の暮れにも書いたのですが、私の家に
来てそろそろ十四、五年になる魚の筋ですが
初めて昨年まともな魚が出来ましたが、
その魚を、エラにしてしまいました。この池は
たぶんダメだと思いますが、まだ種がいます
ので今年はこの種でまた卵をひきたいと
おもいます。
本当に良い魚(筋)はあきらめずに引く事だと
思います。
是非皆さんも良い魚が出来るまで卵を
引いてください。
それでは今年も宜しくお願いします。

| | コメント (0)

2009年12月27日 (日)

今年も有難うございました。

今晩は。もう少しで今年も終わりですね。
金魚の方は上手く冬眠させる事が出来ましたか?
私のほうは上手く出来た池もあれば、そうでない池も
あります。10月の中旬から終わりにかけて、エラに
してしまった池が2つほどありまして、2,3日前に
見てみたらまだ全滅はしていませんでしたが、かなり
危ない感じです。塩はまだ入っています。この2つの
池は、当歳で1つの池には今年の当歳で、私が好き
だった魚が入っています。この魚が4年後にどう
なっているかなと思うところもありますが、もう
仕方がないところですね。今年の仔引きを振り返れば
ある筋を中心に、2つの筋に掛けました。でもその
2つの筋は今年はあまり良くありませんでした。
その中心にした筋同士で掛けた腹が、一番良かった
ようです。この中心にした筋も、毎年取っていました
が、残せるような物が出たのは初めてでした。
ここでこのようなことを書くのは、魚は毎年毎年良い
魚が出来ることのほうが珍しいということです。
筋を追えば追うほど難しくなりますね。10年に一度
当たればいいと言われています。魚をオークション
などで買われる方も、自分で卵を取ってみれば分かる
と思いますが良い魚が欲しければ自分で卵を取るしか
ないと思います。あとは魚の作り方と、選別だと
思います。これは何度も経験していくしかありま
せん。なんだかこのまま書くと話が深くなりそうなの
でこの辺で、今年このブログに来てくれた人たちに
お礼と、皆様のご多幸を願って、今年1年を終わり
たいと思います。またこれからも気まぐれでは
ありますがブログを書いていきたいと思います。
思い出した時くらいに来て見てください。
それでは今年も有難うございました。
皆様良いお年を迎えてください。

| | コメント (0)

2009年11月 1日 (日)

冬支度。青水の作り方。

皆さん、お久し振りです。魚はどうしていますか?
そろそろ冬支度ですね。魚をしまう前に魚をいい状態
にしてしまいたいですよね。魚のコンディションを
整えて、いい水で冬眠に入らせたいと思いますよね。
魚の状態はこの時期は朝晩寒くなるので、考えた
餌やりを私はしています。気温が上がってくる12時
~14時までの間に餌をやっています。これからは
日没も早くなってきますので、この時間はもっと短く
なってくると思います。ただしこれは私のやり方
なので日当たりのいい池を持っておられる方は水温
の上昇も早いでしょうから餌のやり方も変わってくる
と思います。私は日没の3時間~4時間前までに餌を
やり終わるようにしています。後は水ですね。
水は出来ればいい青水で行きたいですね。青水の
作り方ですが、いくつか方法があります。まず1つ目
は、いい青水になっている池の水を割る事です。その
さいきおつける事は、割り水をもらう池の魚の調子が
良いかどうか確認してから使うことです。後は好きな
だけ割って使うと良いとおもいます。
2つ目は、魚をしまう時期に間に合うようにその池
自体の水を青水に前もってしておくやり方です。
これは池の魚の数や日当たりなども関係してくると
思いますが、水替えをする時に必ず古水を割るように
することです。その池の水が青水になっていなくても
古水を割っていく事で青水になってきます。
余裕を持って青水を作っていくという事です。
3つ目は、青水の種水を作るやり方です。これは
日当たりの悪いところに池がある方などは試してみて
下さい。まず日当たりの良いところに80~100
リットルの水を入れた池を準備します。プラブネでも
何でも良いです。それにハネた魚(当歳など)を多め
に入れてエアレーションをします。餌は少なめで
良いと思います。これで青水が出来てくると思います。
この作り方は良い条件のところに池を置いて作ると
言う事です。それともうひとつ、ハネも使いようは
あるので残しておいたほうが良いと思います。
青水の作り方も他にもあると思いますが、参考に
なれば嬉しいです。
今日はこの辺で。

| | コメント (1)

2009年9月16日 (水)

品評会の季節になりました。

Dscn4240 お久し振りです。皆さん今年は卵が取れましたか?
当歳のできはどうでしたか?前の会魚と趣味魚には
私が思う大切なことが書いてあったからです。
宇野系らんちゅうは個人の趣味として飼われる事が
多いと思います。ですから自分の好きになれる魚を
飼っていく事が大事だと思います。それに加えて
特徴のある魚ということになると思います。
これからは品評会の季節になりますが、私は思う
事があります。品評会は会に入っている人にしか
関係のない事ですが、その会の審査に合せて魚を
選別してもって行くと思いますが、私はそれを
しなくなりました。自分の好きな魚を持っていく、
これが一番いい事だと思うようになりました。
品評会でいい成績をただとっても面白くないという
事です。自分の好きな魚がいい成績を取って初めて
自分の魚が出来たと思うのです。それでこそ審査の
先生に自分の魚を分かってもらえると思うのです。
この品評会で審査の先生に自分の魚が分かって
もらえるという事がとても大事な事だと思って
います。これには段階があると思いますが、
まずは品評会で、自分の思っている結果を出す事、
それからの事だと思います。ただいい成績を取る
ことにばかり専念しない、私のような人間が他にも
いるのかどうかは分かりませんが、へそ曲がりなんで
しょうか?(笑)でも私は本気でそう思っています。
皆さんも少し考えてみてください。
それからこの時期は、会に入ってない人たちも
とてもいい時期だとおもいます。宇野系らんちゅう
に興味があって、いい魚を見れるチャンスだと
思います。近くに宇野系の会があれば、ぜひ
行って見てください。きっと自分が飼っている
宇野系らんちゅうとの違いも分かると思います。
そしてそこでは、即売会などもやっているかも
しれませんよ。いい魚を見てみるのが一番いい
と思います。
品評会は会員は一年の発表会、そしてお祭り
だと思いますから一般の方もどんどん行って
見て下さい。
最後に今年の当歳の画像をアップしておきます。
よかったら見て下さい。
それではまた。

| | コメント (2)

2009年8月 2日 (日)

会魚と趣味魚

 <会魚と趣味魚>

今日は会魚と趣味で飼う魚について書いてみたいと
思います。それでは会魚についてですが、会魚と
言うのは宇野系の会に入っている方たちが品評会に
出すために日々飼育管理して育てた魚のことですね。
まず卵を取りその一腹から五匹残ればといわれている
くらいの確立の魚たちですね。とはいってもその腹、
その年の出来はその時その時で違ってきます。
後は生まれた魚を選別をかけながら自分の飼育技術
でいい魚にしていくという事でしょう。ですから一般
の方たちとは魚の飼い方や見方が違うのは分かると
思います。会に入っている方たちの目標は品評会で
いい成績を残す事を目標にしている事だと思います。
当然この魚たちは自分の家ではいい魚を持ってきます
ので、品評会はいいものが多くいるのは当然です。
しかし品評会を見に行った事がある人は、下の方
にいる魚はこれくらいのレベルの魚もいるんだと思う
ところがあるかも知れません。
逆に言えばそれほどらんちゅうという魚は難しいと
いう事ですね。魚を飼う人の技術とその魚の筋に
よって変わって来ます。
そして宇野系を趣味として飼っている方たちもいると
思います。この趣味で宇野系を飼っている方たちが
もっとも自由に宇野系を楽しめるのではないかと
私は思います。自分の好きな形の魚を、自分が好きな
筋を自分が好きなように飼えると言うのはとても
いいことだと思います。しかしここで矛盾も出て来ま
すよね。趣味で宇野系を飼っている人の中でどれくら
いの人が卵を取っているのかという事です。卵を取れ
ば、いい魚が残る事は多いと思いますが、これがまた
言葉どうりに行きません。卵を孵してそれを育てて
行く、ただ育てるだけではなくいい魚になるように
育てていく事が出来なければ、いい魚として残らない
からです。この話は簡単には説明できません。
ですから自分が分からない事を解決するために
宇野系の会に入られる人もいると思います。
宇野系の魚は当歳、二歳、三歳と変化していきます。
その中で一番変化するのが頭だと思います。
頭の出方などはその魚の筋や飼い方によって違って
きます。同じ魚の卵を半分ずつ分けて、ベテランの人
と初心者の人に分けて飼ってみれば、良くわかると
思います。もちろん魚自体も違ってきます。
尾のほうは、当歳や2歳まで良くても年数が経つにつ
れて悪くなる事はあっても良くなる事はありませんね。
頭とは逆の関係のように思います。
最後に書きたいのが、当歳や二歳でいい魚といわれる
魚が本当にいい魚かどうかということです。三歳、
4歳になってもほとんど変化がないような魚もいる
ように思います。このような魚は飼っていてもあまり
面白くありません。(私はです)逆に欠点があっても
年を重ねるごとにいいところが出てくる魚は面白い
と思います。(私はです)なぜこのことを書いたかと
いうとこんな話を聞いたからです。それをここに
書いて見たいと思います。ある人がこの魚は悪い
ところがないでしょう、これはいい魚でしょうと
言っていたところ、ある人がこういいました。
そうですね、悪いところはないですが良い所もない
ですね。といった事に私も感じるところがあり
ました。悪いところもない変わりに良い所もない、
特徴のない魚ということだと思います。
逆に欠点や悪いところがあっても良い所がある魚は
特徴がある魚ということになります。こういう考え方
で魚を見ていければ、また違った味わいがあると
思います。宇野系の魚を楽しんで行きましょう。
それではこのへんで。

| | コメント (0)

2009年7月17日 (金)

今年の仔引きの結果。

どうもお久し振りです。今年卵が取れた人は、稚魚の
出来はどうですか?尾の開きはいいですか?尾の開き
が悪かった、サシが多かったなど色々な事があった
と思います。結果卵は取ってみないと分からないと
言う事だと思います。この雄をあの雌にかけてと、
自分が思っている組み合わせで取って見ても、なか
なかいいものが出る事は少ないですよね。同じ
組み合わせでも、一腹目と二腹目は違うと言われて
います。後はどれだけの卵が取れたか、何腹卵を
取ったかという事になると思います。やはり多く
卵を引けば手間は大変ですが、当然、良い物は
多く残る確率が高いです。中には一腹しか引いてない
のに尾の開きが良くてサシなどが少ない、いわゆる
当たり腹の方もいるかもしれません。こういう人は
プレッシャーが掛かりますね。当歳で魚の基礎を作ら
ないといい親魚に出来ませんから。逆に当歳で魚の
基礎を作っておけば後はあまり苦労しません。
私は当歳が下手でなかなか上手くできません。
当歳である程度できれば本当に後は楽だろうな~と
思います。
ここで私の今年の結果です。全部で六腹取りました。
しかし一腹はサシ腹でダメ、後の二腹は無精卵でダメ
でした。現在残っているのは三腹分です。この三腹の
中で、今までで一番多く残りそうな筋があるので
それが救いです。私のところには筋で言うと、三つの
筋がいますがどれも血が濃くなっています。それで
何年か前から家にいる筋を色々と掛け合わせています。
いいのが出来ればいいのですが。ただ残念なのが
残して置かないといけない、このブログに使っている
上の二匹の魚の筋の卵が取れてない事です。これから
でももし取れれば取るつもりです。昨年は取ったの
ですが尾がみんな悪くて良いのがいません。
しかし頭は二歳としてはかなりいいです。この筋の
頭は一級品ですから。今いるのは腰が曲がったり、
尾がマクレている物がほとんどです。このような魚
でも種がいなくなると大変なので残しています。
今年は何とか取り直したかったのですが、もう~
ダメかな~。
今年の現状はこんなところです。
それではまた。

| | コメント (0)

2009年6月11日 (木)

我が家の産卵シーズン到来。

こんにちは、遅ればせながら我が家にも産卵の
シーズンが来たようです。
皆さんのところは順調に育っていますか?
これからは雨のシーズンでもあります。魚の調子を
見ながらですね。

当歳もですが、二歳や親も大事にしたい物です。
特に卵を取った親は、雨が降ったりすれば、体調が
壊れやすいです。卵を持っている間は強いのですが
卵を産んだ後は弱るので、余計に体調を壊しやすい
のだと思います。

雄も必死で雌を追った後ですから、ゆっくりと
休ませてあげましょう。

しかし自分が取りたいと思っている組み合わせで
取れればいいのですが、上手く行かない時もあります。
また続けて同じ雄を使う場合もあります。

私も今年、続けて同じ雄を使いました。
やはり二腹目は受精が悪いですね。
取りたい筋の組み合わせで、この雄しかいなかった
ので仕方ありません。

今年は自分の取りたい組み合わせで取れています。
現在3腹取れました。後残りは2腹です。
残りの2腹が一番大事なのですが、これが五歳の親で
まだいまいちの感じで産みそうにありません。
雄もまだの感じです。

この2腹が取れれば今年は目標達成です。
あとは魚がよければいいのですが、サシやフナ尾
曲がりなどがない事を祈るだけです。これはもう少し
しないと分かりませんから、頑張ってそれまで育て
ます。

それでは皆さんも頑張って下さい。

| | コメント (0)

2009年5月26日 (火)

宇野系らんちゅうの卵取れましたか?

もう卵が取れている方も多いと思います。でも家の
魚はまだ取れていません。雌の方は出来ているのが
いるのですが、雄がまだまだ出来ていません。
もう雌のほうが我慢しきれないかもしれません。
何とか雌を持たせるように努力していますが、
どうなることやら。
皆さんは自分の希望の組み合わせで卵が
取れましたか?
卵が取れると忙しくなりますが、卵を産んだ親魚の
養生も忘れないで下さいね。

今日は現状報告です。
皆さん頑張って下さい。

魚の画像を少しUPしてみました。
良かったら見てみ下さい。

それではまた。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

宇野系らんちゅう