« 会魚と趣味魚 | トップページ | 冬支度。青水の作り方。 »

2009年9月16日 (水)

品評会の季節になりました。

Dscn4240 お久し振りです。皆さん今年は卵が取れましたか?
当歳のできはどうでしたか?前の会魚と趣味魚には
私が思う大切なことが書いてあったからです。
宇野系らんちゅうは個人の趣味として飼われる事が
多いと思います。ですから自分の好きになれる魚を
飼っていく事が大事だと思います。それに加えて
特徴のある魚ということになると思います。
これからは品評会の季節になりますが、私は思う
事があります。品評会は会に入っている人にしか
関係のない事ですが、その会の審査に合せて魚を
選別してもって行くと思いますが、私はそれを
しなくなりました。自分の好きな魚を持っていく、
これが一番いい事だと思うようになりました。
品評会でいい成績をただとっても面白くないという
事です。自分の好きな魚がいい成績を取って初めて
自分の魚が出来たと思うのです。それでこそ審査の
先生に自分の魚を分かってもらえると思うのです。
この品評会で審査の先生に自分の魚が分かって
もらえるという事がとても大事な事だと思って
います。これには段階があると思いますが、
まずは品評会で、自分の思っている結果を出す事、
それからの事だと思います。ただいい成績を取る
ことにばかり専念しない、私のような人間が他にも
いるのかどうかは分かりませんが、へそ曲がりなんで
しょうか?(笑)でも私は本気でそう思っています。
皆さんも少し考えてみてください。
それからこの時期は、会に入ってない人たちも
とてもいい時期だとおもいます。宇野系らんちゅう
に興味があって、いい魚を見れるチャンスだと
思います。近くに宇野系の会があれば、ぜひ
行って見てください。きっと自分が飼っている
宇野系らんちゅうとの違いも分かると思います。
そしてそこでは、即売会などもやっているかも
しれませんよ。いい魚を見てみるのが一番いい
と思います。
品評会は会員は一年の発表会、そしてお祭り
だと思いますから一般の方もどんどん行って
見て下さい。
最後に今年の当歳の画像をアップしておきます。
よかったら見て下さい。
それではまた。

|

« 会魚と趣味魚 | トップページ | 冬支度。青水の作り方。 »

コメント

今の宇野系はクズが多いですね。
協会系のように統一した形が無くいつまでも昔の形ばかり追い求めている感じです。
昔は当歳でももう少し大きい魚だったと思います。
本当の宇野先生の魚はもうありませんね。

投稿: さっくん | 2009年9月17日 (木) 21時01分

はじめまして、いつも興味深く拝読させていただいてます。さて、貴ブログなのですが、内容はすごくいいのですが、ブログの設定が3カラムの為短い文字数で、改行が多くなり少し読みにくいです。2カラム等に変更されてはどうでしょう?

投稿: てう | 2009年9月23日 (水) 08時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会魚と趣味魚 | トップページ | 冬支度。青水の作り方。 »