« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月27日 (月)

選別の仕方。

今日は質問があったので選別の仕方について書いて
見たいと思います。私のやり方なので参考になれば
いいのですが。

まず卵を80Lのプラブネで取ります。種魚を出して
一日置きます。そして用意しておいた別の池又は
プラブネ(140L~180L)に卵を移し変えます。
あまり大きすぎたり小さすぎるとよくないと思います。
二週間くらいそのままにするので、考えて選んでくだ
さい。水深は15cmくらいです。

自作の水を抜く道具を作ります。ホームセンターなど
にある茶こしの球体の物を買ってきてその中央に
ホースが入るくらいの穴を開けます。その穴にホース
の先を中央付近まで入れて、水槽の目地などを修理
する時に使うコーキングざいで固めます。1日くらい
固まるのを待ちます。ホースの長さは2~3mあった
ほうがいいです。これで出来上がりです。

これを使って水替えをします。茶こしの部分を池に
つけてもう片方を口ですってサイホンの原理で水を
抜きます。池の水を飲まないように注意してください。
私は時々失敗して飲んでしまいますので。(ゲェッ)

私はこの他にも使っていますが、後は自分で使い
やすいように工夫して作ってみてください。

稚魚が卵から孵って立ち上がって泳ぎだし、餌を食べ
て大きくなっていきますが、どうしても水が悪く
なって行きますので、心配な時は上で作った道具を
使って、ふ化して一週間位して水を半分抜いて
新しい水を元の水の量になるまで入れてください。

順調に行けば二週間くらいで第一回目の選別です。
1回目が一番大変です。池の水を底から1~2cm
になるところまで抜きます。稚魚をすべて洗面器に
すくい上げて、池の掃除をします。
池に水を張っておきます。日当たりのいい池の場合で
自分が日陰で選別する場合は、日よけなどをして
おきましょう。

選別は、稚魚の数が半分になるように減らしていきま
す。選別が終わったら水を張った池にもどします。
後は4~5日で2回目の水替えと選別をかねて行いま
す。2回目も稚魚を半分くらいにします。
水替えのやり方は、1回目と同じです。2回目は
かなり楽だと思います。

3回目も4~5日後にまた水替えと選別をかねて
行います。このときも残った魚を半分くらいにします。
稚魚もふ化して1ヶ月もしてくると鱗が乗ってきます。
この頃になったら魚を何匹か横にして見てみて下さい。
帆柱や腰のところにトゲのあるものや舵尾のないもの
などを注意してみてください。

だいたい3回の選別をすれば、その時点での悪い魚は
いなくなっていると思います。後もう一回4~5日後
に4回目の水替えと選別をしてもいいかもしれません。
これは自分で決めてください。

これ以後は1週間に一回の水替えと選別でいいと思い
ます。1回目や2回目の選別は、サシや尾の開きの
悪い物や体の曲がったもの立ち上がってないものなど
をハネて行きます。

水が一週間持つような魚の数にすることを考えてやる
といいと思います。

尾の開きがいいときや残した数が多い時は、池を
2つに増やして対応していけばいいと思います。

自分がやる事を思い出しながら書いてみましたが
まだ説明不足かもしれません。まだ他にも選別の仕方
はあると思いますが、一番気おつけて欲しいのは
なるべく早く選別と水替えをするということです。
稚魚にかかる負担を少しでも軽くする事を考えて水替
えをすることです。これが一番大事で一番難しいです。
私もこれがなかなか出来ません。遅いです。

後は自分の好きな魚を残していけばいいとおもいます。
魚を飼う人の条件がいろいろ違うので、自分で工夫
することも大事です。
初めての方は頑張ってください。
”失敗を恐れず思い切ってハネること”だと教えられ
ました。

それでは今日はこれで。

| | コメント (0)

2009年4月22日 (水)

シーズン到来。

いよいよ金魚のシーズンが来ました。
皆さんも金魚の世話で忙しい事でしょう。
私はと言えば、なかなか思うように金魚のことが
出来ずにいます。それでも卵は取りたいので
それに向かってやっているのですが、水替えさえ
ままならないこの頃です。

現在、金魚が入っている池は全部で7つです。
その池の水替えが一通り終わって、2回目に入った
ところです。いつもの年も遅いのですが、今年は尚更
遅いです。

金魚の調子は、ここ最近暖かい日が続くのでだんだん
よくなってきました。餌を食べる勢いが出てきました。
魚の調子がよいと、見ていても楽しいですね。

餌をやっても魚たちがパクパク食べているのを見ると、
早く大きくなっていい金魚になってくれる事を楽しみ
にして見ています。餌をやりながら魚たちを見るのが
一番時間がたつのが早い気がします。

今年は、今まで残してきた筋は筋で残して、新しく
自分の魚を作るために、我が家の魚の筋を色々混ぜて
見たいと思っています。

かなり私の持っている筋の血は濃いくなってきている
と思うので違う筋とかけてみたら、いいものが
出来る”カモ”知れません。それはやって見ないと
分からない事ですが。

自分の家の魚を使えるので、魚の筋は?などの心配も
要らないので安心です。

たまには画像を載せたいと思います。
この魚は明け4歳の雌で小さな魚ですが、この魚を
使って卵をとってみたいと思っています。
こういう、尾がマクレタ魚で卵を取る事を嫌う人が
多いと思いますが、どうですか?
Dscn3953

左のサイドバーのアルバムにも
追加しておきます。

それではまた。

| | コメント (0)

2009年4月 2日 (木)

私の魚の起こし方 パート2

今日は魚の起こし方パート2という事で
もう少しお話したいと思います。
皆さん魚の調子よさそうですか。私のやり方が
少しでも役に立てば嬉しいです。

それではこの前の話に続いてですが
本当は魚にショックや負担をかけないために
たくさんの割り水をして水替えをした方が
いいと思います。

しかし今の状況では、うわ水をとって新水を使って
池の水替えをする方がいいと思っています。
それは、雨が降れば池に雨水が入ります。
そのとき空気中の土ぼこり等も一所に池の中に
入ります。この状態で5ヶ月くらいそのままです。
(冬眠中なので)
そのままの状態で、新水3割足すだけでは水替えに
なってないのではと思います。

出来れば冬の間でも定期的に水替えする方がいいと
思いますが、冬眠している魚をいじるのは嫌だし、
人間のほうも寒いのでしたくありません。
私は魚が冬眠の間、池には雨水を入れているので
めったに足し水をすることはありません。

なぜ?うわ水を使うかというと、重たい物や悪い物は
下に沈んでいると思うからです。

それと出来るだけその池の水を割り水に使ったほうが
いいです。(水が悪ければ別です)
これからは定期的に水替えをしていきますから、
池もきれいになり、本当にいい水(青水)が出来て
来るはずです。
この水を上手く使っていくといいと思います。
まだ寒いので水を作る時は、割り水を多くするか、
魚の数を多くするかです。
この時期は水が、10日くらいは持つようにすれば
いいと思います。

餌の量には気をつけてください。まだ寒いので消化の
よい物をやったほうがいいと思います。
後、夕方にはやらないなどです。魚の様子を見てから
餌はやるようにしましょう。

はじめに戻りますが、本当は魚にショックを
与えないような水替えが理想です。
このことはいつでも忘れてはいけないと思います。
普段の水替えの時でもどうすれば魚にショックを
与えない、負担を少しでも少なくする水替えが
出来るかを考えながらすれば、自分の水替えの
仕方が出来てくると思います。

自分で経験した事が一番の宝です。
少しずつ自分の飼い方を見つけていきましょう。

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »