« 魚の作り方 | トップページ | 宇野系らんちゅうの魅力。 »

2009年1月15日 (木)

らんちゅうの餌について。

どうもです。前回公開した魚の作り方は、たぶん知らない方もたくさんいると思います。初めて宇野系らんちゅうを飼う方が参考にしていただければと思います。することは分かっていても、色々な条件そして自然までも相手にしなければなりません。選別でいい基本の魚を残して、よくなっていく育て方をすること。そうすれば残してきた魚の中から必ずいい魚が出来てきます。後、前回大事なことを書き忘れていました。それは魚の血筋です。この筋と言うことはとても大事なことだと思っています。いまさらここで言わなくても、よくここに来て私のブログを読んでくれている方でしたら、そんな事、言わなくても分かっているよと言われるかもしれませんね。
それでは餌についてですが、私は生き餌として与えているのは、青子までに与えているシュリンプだけです。その後は冷凍赤虫を以前は与えていましたが、中国産などがあるのでやめました。ですからシュリンプからすぐに養殖マス用の餌にしてしまいます。やはり赤虫に比べれば食い付が悪いです。大きくなるのも遅いような気がします。しかし安全な物のほうがいいと思って養殖マス用の餌をやっています。何しろ人間が食べる魚の餌ですからね。このマス用の餌をシュリンプから切り替えるときにそのままの大きさでやったり、粉のようにしてやったりしています。慣れて来ればそのままでも食べるようになります。私は養殖マス用の2号クランブルを使うことが多いです。2歳も親もすべてこの餌の大きさです。同じ2号でもペレットとクランブルでは大きさが全く違うので気をつけてください。餌の一粒の形はクランブルは砕いた形で(小さい)、ペレットは円柱形の形をしています。(大きいです)
そのほかでは養殖鮎用の餌を使う方も多いと思います。これにはコケの成分が入っていると聞いています。私はマス用だけをやっていますが、マスや鮎用に、一般に売られているらんちゅう専門の餌をブレンドして与えていると言うのも聞きます。ご自分で色々工夫してみるのもいいと思います。
最後にこのマスや鮎の餌を手に入れる方法ですが、私は昨年はJA(農協)で注文しましたが2号のペレットしかありませんでした。大きくて、4号クランブルと同じくらいの大きさでした。こんなに同じ2号で違うとは思いませんでした。仕方ないのでそのままやり続けましたが。
会に入っていれば会で注文するのでしょうが、一般の方が手に入れるとしたら、マスや鮎の養殖業者に連絡して聞いてみるのがいいと思います。ただ問題がひとつあります。この餌は一袋25~30Kg入っているので、一般向きはしないと思います。こんなに使い切れないと思います。養殖業者が小分けして分けてくれればいいのですが。私も一袋買ったときは冷蔵庫に入れて、残った分を次の年に使っています。誰かと分ける事が出来ればいいのですが、個人ではなかなか難しいかもしれませんね。
私がここに来ている人にマス用の餌がほしいという人がいるとき、分けてあげられるといいのですがそれが出来ないのですみません。

餌についてはこんなところです。
それではまた。

|

« 魚の作り方 | トップページ | 宇野系らんちゅうの魅力。 »

コメント

こんばんは! 明日 マス餌の小売り
してくれる所を探すつもりです^^
本当に為になります 
ところで またまたですが・・・
まだ 私は 筋という意味があまり
理解できません 笑われるかもですが
自分の子の血筋ということですか?
それとも 宇野系の本家筋ということ
ですか?初歩的な質問なので 面倒
でしょうが お願いしますm(__)m

投稿: スカイ世界一 | 2009年1月16日 (金) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 魚の作り方 | トップページ | 宇野系らんちゅうの魅力。 »