« 種親について書き忘れました | トップページ | 幻のらんちゅう宇野系 »

2007年7月20日 (金)

オークションで思うこと。

ここまできて読んでくれている方、ありがとうございます。ここに来て読んでくれている方は、少なからずらんちゅうに興味がある方か、宇野系らんちゅうについて興味がある方だと思います。私は宇野系らんちゅうのことしか分かりません。たいした事は分かりませんが。そしてこの魚はとても不思議な魚です。この前書いたのですが、いい魚といい魚を掛け合わせていい魚が出るとは限らないということです。たぶん皆さんは、いい魚がほしいと思います。それはみな同じです。しかし、いい魚はなかなか出来ないし残りません。普通はいい魚でもどこかに欠点があるものです。宇野系を始めた頃に、私の師匠からよく言われた事があります。”10年続ける自信がないならしない方がいい”、”いい魚がほしいなら、自分で卵をとりなさい。”そう言われました。しかし卵を取って育てていくうちに師匠の魚と私の育てた魚がまったく違ってくるのです。これが作り手の技量ということになります。いい魚がほしいから一生懸命がんばりました。でもいい魚は出来ませんでした。そして言われたのが、早く自分の飼い方を見つけなさい。です。なかなかそう簡単に見つかるものではありません。いつも追いつこうと頑張るのですが、やはり違います。今でもそれはあまり変わらないみたいですが・・・師匠から、お前、見た目によらず頑固やったのーといわれます。いい意味でですよ。念のため。
私の事はこれくらいにして、あなたもぜひ卵を取ってみてください。もちろん宇野系同士で掛け合わせて下さい。今年ではなく来年でも。そうすれば、らんちゅうの難しさや育てて作る楽しさが分かると思います。らんちゅうには選別がありますので、これが一番大変だと思います。その中でも、一番分かりにくいのが、”さし”だと思います。ここでは説明しませんが、図を書いて説明しても、それでも分からない人が居るくらいです。今年は出来ませんが、写真で取れればいいのですが。来年出来れば挑戦してみます。
さてここで、今までいい魚いい魚と書いてきましたが、素性の分からない、いい魚と、素性がはっきりしている、良くない魚がいるとしたら、あなたはどちらを選びますか?これは、魚を飼ってきた年数にもよると思いますが、この前書いたように、その魚の親やその兄弟を知っているかどうかで決まります。素性が分からなければ私はいりません。そして素性がはっきりしていても、親、兄弟が自分の好きなタイプではない魚ならこれもいりません。要は、見た目ではなく、”血筋” だと私は思います。ですから素性がわかっている、良くない魚でも、その親や兄弟が私の好きなタイプの魚ならほしいと思います。このことを知っていれば、魚に対する考え方が、数段レベルアップすると思います。素性は分からずとも、その魚の親や兄弟の写真でも参考にできればいいと思います。もともとが一腹から五匹残ればいいといわれるらんちゅう、生まれたものすべてがいい魚であるわけがないですからね。
話は変わりますが、オークションを見ていると宇野系の魚に対する評価がまだ低いように思います。宇野系には、宇野系にしかない頭や色柄があります。そういうところも見ていただきたいですし、いい魚はそれなりに評価していただければ嬉しいです。個人的にではなく、宇野系を出品されている人すべての魚についてです。宇野系の魚の価値をわかっていただきたいと思います。オークションの宇野系を見ても分かるとうり色々なタイプの宇野系があります。あとは個人の好みだと思いますが、写真での判断ですから難しいところがあるかもしれません。宇野系らんちゅうはまだ一般的に知られていないので、私は宇野系のよさをもっと多くの人に知っていただきたいという思いがあります。そのためにはまず本物の宇野系の魚を飼ってみていただきたいのです.そうすれば、宇野系の良さが分かって頂けるのではないかと思います。簡単に手に入れることが出来ない魚、普通の金魚屋さんで買えない魚、それが”宇野系らんちゅう”です。持っているだけでも優越感があると思います。いい魚もほしいと思いますが、魚が変わっていく過程も楽しんでください。卵から育ててみて、そこから自分の好きな魚を残して、育ててみてください。そうすれば魚の成長や変化もわかるうえに、魚が本当に好きになると思います。そしてこれ以上を望まれる方は、宇野系らんちゅうの会に入ってみることをお勧めします。このブログを見て、一人でも多くの人が宇野系らんちゅうの会に入って、宇野系らんちゅうを盛り上げていただければ、これ以上の幸せはありません。そしてそこでは、あなたの知らない話がたくさん聞けると思いますよ。
もうひとつオークションを見ていて思うのですが、何でこの魚に入札がないのだろうと思う魚がいます。そしてそれと反対のこともありますが・・・
あと写真についてですが、なるべく真上から撮ったものを1枚は入れた方がいいと思います。魚を裏返して、おなかと尾の裏側を写した写真がありますよね、あれ何を見せたいか分かりますか?1つは雄、雌の判断、2つめは舵尾について、3つ目はこれが一番伝えたいことで、尾皿の鱗の乗り具合です。あの写真の意味が分からない人もいたのではないかと思います。あまり良く写ってない写真を載せるくらいなら、上から頭のアップや尾のアップを撮ったほうがいいのではないかと私は思ったりします。今日は少し、好き勝手に言わせて頂きました。最後まで読んでいただき有難うございました。
それでは今日はこの辺で。
感想や意見ありましたら、書き込んでください。参考にさせて頂きます。宜しくお願いします。いつも応援有難うございます。

人気blogランキングへ

|

« 種親について書き忘れました | トップページ | 幻のらんちゅう宇野系 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 種親について書き忘れました | トップページ | 幻のらんちゅう宇野系 »