« 初めての出会い | トップページ | 宇野系って?パート2 »

2007年4月22日 (日)

宇野系って?

1 ご無沙汰です。前回は、私が始めて宇野系らんちゅうを見たときの感想を書きました。
今日は、超マニアックな世界、宇野系らんちゅうについて書いてみたいと思います。
この宇野系らんちゅうの会に入っておられる方は日本1億人以上の人が居る中で、私が思うに1千人いないと思います。この、宇野系らんちゅうの会に入っておられる方は、超マニアックな方たちです。そのほかに会には入っていなくて、宇野系らんちゅうを飼っているという方もいると思います。あなたはどんな思いや考え方で、宇野系らんちゅうを、飼っていますか?ここから先は私の私見、個人的な意見を書いてみたいと思います。宇野系の会に入っておられる方や一般の方でも、色々な考えがあると思いますが、これから話すことは、あくまでも私の考え方です。ご了承下さい。
宇野系らんちゅうには現在、宇野先生のお弟子さんの名前だったり、審査委員の方の名前だったり、第一線で活躍されている方の名前であったりが、宇野系の魚にはついています。これが、よく言われる、だれだれの筋といわれているものです。
宇野系らんちゅうは、泳ぐ芸術品といわれています。宇野系らんちゅうで、よく魚の大きさをいわれる方がいますが、私は芸術品である以上大きさは関係ないと思います。絵画や焼き物、大きさと価値は関係がありますか?私は、ないと思います。また宝石などもそうです。ダイヤモンドは原石をわざわざ小さくして磨きます。芸術の世界は、それを見切れる人が、その価値を付けるものだと思います。このような考え方が出来れば、宇野系を本当に楽しむことが出来ると思います。
日本で宇野系といえばこの先生を知らない人は居ないといわれる方はこういわれます。魚を見れば誰の魚か解るようにならなければ、魚を飼っている意味はないのですがね、と。そう言われるくらい、飼う人の個性が魚に現れるということだと思います。
言葉で言えば簡単ですが、そう簡単に出来ることではありません。
私もそうなることが出来ればいいな~と思いながら、宇野系らんちゅうを飼っています。
先ほど言った魚の大きさですが、4~5年飼っていれば、13~14cmにはなると思います。これくらいあれば小さいと私は思いません。大きくするのも、年数をかけて大きくすればいいのですが、急に大きくした魚はすぐにわかります。大きさにこだわらず、魚にこめる個性、そして美しさをこれからも追求して行きたいと思います。
とりとめもない書き方になってしまいました。思っていることを文章にするのはとても難しいですね。これからも頑張って書いて行きます。
今日はこのへんで。

人気blogランキングへ

|

« 初めての出会い | トップページ | 宇野系って?パート2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初めての出会い | トップページ | 宇野系って?パート2 »