« はじめまして | トップページ | 宇野系って? »

2007年4月11日 (水)

初めての出会い

皆さんいかがお過ごしですか?
そろそろ金魚のシーズンの到来ですね!もうとっくにはじめているよという声が聞こえてきそうですが、すみません。私の家は金魚を飼っている場所の条件が悪いので、どうしても毎年、シーズンの開幕が遅くなってしまいます。
皆さん今年も、宇野系らんちゅうを楽しみましょう。
それでは前回からの続きで、私が宇野系らんちゅうと、出会った所からお話して行きたいと思います。前回は、宇野系らんちゅうと出会える約束をして、春が来る4月を待ちました。というところまででした。そして待ちに待った4月が来て、金魚屋さんから紹介してもらった、宇野系の会員さんのところへ行くことができました。
ちょうどその日は、金魚の水替えをしているところに、いき合わせて大きな白いホーロウの洗面器に入った、宇野系らんちゅうを見ることが出来ました。
その感動と驚きは、今でも忘れません。大きなものは、片手で持つことが出来ないくらいで頭はテニスボールくらいあったように思います。大げさではなく、頭の肉瘤はとてもよく発達していて、ボールのような頭をしていました。これが、宇野系か~と、感心してみていました。水替えをする間、何匹かの魚を少し小さな洗面器に入れて見せていただきながら、簡単な説明をしていただきました。そして最後に、ここに居る魚の中で一番好きな魚はこれですよ。といいながら洗面器に入れた魚は、かなり小さな魚でした。10cmぐらいだったと思います。そのときは良くわからず、その魚をじっと見ていました。
今思えば、その魚には顔があったと思います。それもいい顔です。いい顔とバランスの取れた、胴の長さ、幅、太さ、尾は弱めでしたが、可愛らしい泳ぎをしていたと記憶しています。
長くなりました。今日はこの辺で、また続きを書きます。

人気blogランキングへ

|

« はじめまして | トップページ | 宇野系って? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はじめまして | トップページ | 宇野系って? »